40代男性の男性型脱毛症治療は望みあり

男性型脱毛症(AGA)は幅広い年代の男性に起こる薄毛の症状で、加齢によって患者が増える傾向にあり、40代からが最も多く見られます。
進行性であるため、対処せずにいると徐々に薄毛が広がっていき、最後には髪の毛が無くなってしまうことにもなりかねないので、早めの予防が良いと言われています。
しかし、男性型脱毛症の予防方法は近年に確立されたもので、一昔前では放置するしかなかったものです。
若い内から薄毛が進行し、現在の40代となった男性の症状は様々ですが、薄毛が目立ったり毛髪が抜け落ちて地肌が目立つ人もいます。

頭を抱える中年男性

症状が進みすぎて改善を諦めている人がほとんどですが、現在のAGA治療なら毛髪が復活する可能性が高く、昔のようなフサフサな状態を取り戻すことも夢ではないとされています。
男性型脱毛症の原因とされるのはジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンですが、AGA治療で処方されるフィナステリド製剤は、この原因となるDHTの生成を抑制する作用があるので、薄毛の進行を食い止めてくれます。
また、血行不良で髪の成長に必要な栄養素が頭皮に行き渡らずに、髪の毛がやせ細ってしまった場合にも、ミノキシジルと呼ばれる成分を使用した育毛剤で、新たな髪の毛が生まれてくる可能性があります。
男性型脱毛症はヘアサイクルが乱れることで、髪の成長が止まり抜け落ちやすくなるほか、新たな髪の毛が生まれるサイクルを抑制してしまっていることから薄毛になるのですが、髪の毛が生まれる大もととなる幹細胞が死んでいるわけではないので、AGA治療で細胞を刺激して活発化させることで髪の毛は再び生えて来るようになります。
AGA治療は健康保険が適応されないので、高い費用が必要となりますが、それに見合った効果も得られるはずなので試してみましょう。