男性型脱毛症の種類について

男性の医師男性型脱毛症は思春期以降に現れる症状で、進行性の抜け毛とされています。
多くは加齢と共に毛が抜けていくの壮年性のものですが、遺伝や悪性の男性ホルモンDHTが原因とされるものも多く、10代後半からでも薄毛が目立つようになります。
頭頂部から進行するタイプをO型と呼び、つむじが頭頂部またはその両端にあると、そこから少しずつ毛が抜けて薄くなります。
また、前頭部から脱毛が始まることがあり、生え際が後退しておでこが広くなったり、両端が後退してM字型の禿げになったりします。
さらに頭頂部と前頭部のどちらも同時に進行するタイプがあり、これを見た目からA型またはU型と呼びます。
特徴的なのは、側頭部と後頭部には脱毛が見られないというもので、このせいで頭を坊主にしても、抜けた部位との差がはっきりと分かるため、髪を短くしても誤魔化すことができないのが問題です。
男性型脱毛症は自然治癒では戻らず、放置するとどんどん進行することから、年齢と共に悩む男性が多く、30代では20%、40代では30%、50代では40%の割合を示します。
つまり、薄毛が目立つ前に、早いうちからヘアケアや男性型脱毛症の治療を開始すればそれだけ期待が出来るということです。
治療や改善する方法としては、基本的にヘアケアと生活習慣を行い、同時に薬物療法や外科手術によって髪の毛を取り戻すこととなります。
男性型脱毛症の治療は保険が適応されないので、進行が進んで酷くなる前に治療を開始しておけば、それだけ費用の負担が軽くなります。
特に外科手術では100万円単位の費用がかかることもあることから、日頃のヘアケアや薬を使った治療方法が経済的にも良いと言われています。

★フケによるAGAには
ケトコナゾールでフケを解消