日本発毛協会が推奨する男性型脱毛症の治療とその体験

日本にはまだまだ男性型脱毛症の本格的な治療ができる医師が少ないと言われています。
普通のクリニックでも男性型脱毛症であるAGA治療薬を処方される便利な時代になりましたが、そのような医師に特別な知識があるのかというとそうではありません。
男性型脱毛症の治療自体が医薬品に頼る治療になることから、とりあえず薬で様子を見ようといった趣旨の治療が多いのが特徴です。
AGAクリニックの数も少なく、本格的な医師が少ないのが今の日本の現状です。
そんななか日本発毛協会が発足され、医師の育成を本格的に目指すようになりました。
日本発毛協会は男性型脱毛症に悩む男性が本格的な治療を受けることができるための環境を整えています。
AGAに悩む男性の数も多いことから、今後日本発毛協会の躍進に期待することができるでしょう。
基本的な治療だけではなく、その他の推奨される治療を受ける環境が整うはずです。そしてそれらの治療を体験している人もいます。
毛髪再生医療といって、内服薬や外用薬を用いるのではなく、頭皮に直接注射する治療も確立されています。

注射器を持つ男性医師

体験者によると、敏感な場所である頭皮になりますが、それほど痛みがない治療を受けられるようです。
AGA治療が長期にわたる治療になり、それは頭髪をあきらめるまで続けなければなりません。
この毛髪再生医療もその性格を持つものでありますが、これからの研究によって、数回の治療を受ければ根本的に解決する治療の体験ができる可能性もあります。
今までの医薬品と比べると、効果が高いことが実証されていますが、まだまだ未知数なところも多いのが男性型脱毛症です。
日本発毛協会の尽力によって、画期的な治療が生まれることを期待したいところです。